医療レーザー脱毛のリスクについて

多くの人がエステなどで永久脱毛施術を受けていますが、中でも医療レーザー脱毛をしている人は多いようです。

エステでも光を用いた脱毛施術はありますが、医療レーザー脱毛は、より高出力の光で、強い脱毛力を持っています。

医療レーザーでの脱毛は、永久脱毛効果を求めているという人に特に喜ばれています。

強い脱毛効果で、多くの利用者がいる医療レーザーですが、その反面、脱毛施術を受ける時には理解しておくべき注意点も存在します。

リスクとして考えられるのは、一時的な肌の赤み、かゆみなどがあげられます。

施術後しばらくは皮膚が赤いままだったり、かゆみが出る人もいますが、しばらく様子を見ていれば、数日後にはおさまることがほとんどです。

ただし、肌タイプによっては、強い医療レーザーに肌が負けてしまい、やけどのようになったり、色素が沈着することがあります。

お肌を外部の刺激からガードしているバリア機能で医療レーザーで破壊され、皮膚が損傷を受ける可能性もあります。

医療レーザーで脱毛を行った場合、体毛が硬毛化するリスクが、少なからずあると言われています。

硬毛化は、ムダ毛がより硬く、濃くなることです。

特に硬毛化が起きやすい場所としては、二の腕、肩、背中のムダ毛などが挙げられます。

必ずこうした症状が出るわけではありませんが、施術を受ける際には、リスクについてもよく理解しておくことが大切です。

施術前にカウンセリングを受けることになりますので、懸念点やリスクについて確認したり、気にとめておくべきことを聞いてみることも重要になります。



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事