顔のシミは皮膚科での治療を

顔のシミは老化や紫外線やストレスのほかにも色素沈着など様々なことが原因となって現れるものです。

多くの人が、顔にできたシミのごまかし方に悩んでおり、なくしたいと思っている人がたくさんいます。

シミなどの肌トラブルで悩んでいる人は、皮膚科で治療することで目立たなくすることが可能です。

皮膚科では医師による診断が行われているので、安心して顔のシミ治療を受けることができます。

具体的なシミの治療方法は、どうしてシミができたかや、シミの広がり方でも異なります。

エステ・痩身・脱毛のエルセーヌ:光フェイシャル浄化コース

どんな治療の仕方をすれば気になる顔のシミを目立たなくすることができるのか、専門医の判断を仰ぐといいでしょう。

皮膚科での治療方法には、軽い症状ならば軟膏などの塗り薬だけで対処可能なケースもあります。

この頃は、シミの部分を償却するレーザーによる治療が盛んです。

シミの場所にだけ反応するレーザーで、色素を焼き切るというものです。

シミの治療後は多少の赤みやかさぶたなどが発生するとはいえ、皮膚の表面にダメージが残ることは無いので安心です。

以前は一般的なレーザーでは治療不可能だった肝斑に対しても、専用のレーザーにて対処することができるようになってきています。

レーザー治療と併用して、飲み薬や、塗り薬を使うことで、シミを確実に治療するというアプローチも存在します。

シミの治療は、個々人のシミの原因や、肌質に合わせて選ぶ必要があります。

最近では、注射をすることでシミ治療をするという方法もあります。




そこで、美容クリニックの光美肌治療(フォトシルクプラス)をおススメします。

特徴その1、透明感のある肌へ導くキセノンランプ

キセノンランプを光源とした500~950nmの波長域の光を照射をすることにより、シミくすみを解消し透明感のある肌へ導きます。今まであきらめていたシミ・くすみの改善、肌の色ムラ、毛穴ニキビ跡などのお肌の悩みも解消します。

特徴その2、コラーゲン増殖作用

コラーゲン増殖作用があるため、ハリ・艶も効果が出ると期待ができます。

特徴その3、痛みを軽減

照射光から皮膚表面までの距離を最低限にし、低エネルギーで効率よく照射できるので施術時の痛みを軽減します。

特徴その4、処置後メイク可能

広い照射面により治療時間を短縮、ダウンタイムも少なく処置後に絆創膏などの必要もなく、処置後からメイク可能です。

お得なコースがある公式サイトはこちらからどうぞ

                             ⇓   ⇓

★初回9,000円★クリニックでの治療で美肌を極めよ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事