フォトフェイシャルで肌のしみを改善する方法

しみを改善する治療はさまざまな物がありますが、最先端のスキンケアとして人気なのがフォトフェイシャルです。

フォトフェイシャルは美容皮膚科や美容外科クリニックで行うことができるものですが、医療行為となります。

美白化粧品は数多く販売されていますが、シミを予防することはできても、シミを薄くしたり消してしまうことは難しいと言われています。

しかし、フォトフェイシャルを受けることによって、家庭ではうまくいかなかったしみやしわの解消がで可能になります。

レーザーでのしみ治療はしみの色素を破壊するものですが、フォトフェイシャルは代謝を高めてしみを体外に排出します。

フォトフェイシャルは、インテルス・パルス・ライトという専用の光を皮膚に当てる美容施術になります。

肌のしみのある部位に光を照射することで、お肌がもともと持っている代謝能力をアップさせ、しみの成分を体の外に出してしまうというやり方になります。

フォトフェイシャルは、お肌のしみ対策以外にも、肌を白くしたり、みずみずしくハリのある肌にする作用があると言われています。

フォトフェイシャルが皮膚への刺激が少ないとされているのは、肌の細胞は透過し、しみやくすみの原因になっているメラニン色素にだけ作用するためです。

安全な光のみを使用しているフォトフェイシャルは、肌を傷つけたり、火傷をしたりする心配もないとされています。

シミやシワが改善できるメリットはありますが、考えられるデメリットとしては、少し痛みを感じることがある点です。

フェイシャル・エステ体験【エルセーヌ】


肌質や、どの施設で施術を受けたかによっても、痛みの感じ方は異なっていますので、一概に痛いとは言い切れません。

どちらにしても、我慢ができないような痛みではありませんので、そこまで心配することはないでしょう。

肌への刺激がマイルドな代わりに、効果の現れ方もゆっくりなので、何回かフォトフェイシャルを受けなければなりません。

一般的な治療と異なる点として保険が適用とならないので、治療にかかる費用は各クリニックでも違ってきます。

繰り返しフォトフェイシャルを受ける場合は、その都度お金がかかってしまいます。

フォトフェイシャルはお肌に対する負担が少ないといいますが、どんな施設を利用するかや、肌質によって、予期せぬトラブルが起きたりします。

フォトフェイシャルを受けても問題ない肌質かどうかは、あらかじめ皮膚科の判断を仰ぐことが大事です。

今までフォトフェイシャルを受けたことがないという人は、まずカウンセリングを受ける段階から開始しましょう。

フォトフェイシャルをしてもらう前には、きちんとカウンセリングをして、不明点を確認しておきましょう。

皮膚にできたしみやくすみを目立たなくしたいと思う人は、フォトフェイシャルによる肌の若返りがおすすめです。

 



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事