デリケートゾーンの悩み そのにおい、彼も気付いているかも?洗い方とにおい対策

デリケートゾーンのにおいが気になっていた方も、そうでない方も、これを機ににおいケアを実践してみましょう!自分のにおいは気づきにくいため、大丈夫だと過信せず、しっかりケアをしておくことが大切です。

デリケートゾーンを洗っても、臭いが気になる

「デリケートゾーンを洗っていても、においが気になる…」「自分ではにおっていないと思うんだけど、実際不安…」そんなお悩みは、ありませんか?特にデリケートゾーンのにおいは、パートナーとのラブタイムを台無しにしてしまいかねませんので、気にせずにはいられないです。

そこで、そんなアソコのにおいが気になる方や、陰部のにおいがしていないかと不安という方に向けて、正しいデリケートゾーンの洗い方、すぐにできる対策や専用のコスメや特別な石鹸をご紹介します!

デリケートゾーンのにおいには、ちゃんとした原因があり、それを解決できれば、何も心配もありません。デリケートゾーンのにおいの抑え方などの対策方法、デリケートゾーンの具体的な洗い方をチェック!デリケートゾーン用のせっけんを使って、急なラブタイムでもにおいが気にならないようにしましょう!

「におっているかも…」「相手に気づかれてないかな」なんていう不安があると積極的にラブタイムを楽しめませんよね。

と言う事は、もし、デリケートゾーンのにおいに不安がなくなれば、いまよりももっと、大胆にラブタイムを楽しめるのではないでしょうか?そして、エッチ前のデリケートゾーンのケアは、相手へのエチケットでもあります。

原因を知って正しい洗い方で対策すると、普段の生活もパートナーとの大切な夜の時間でも、自信をもって過ごせるようになるはずです。まずは、デリケートゾーンのにおいの元をチェックして、その原因を理解して、正しい洗い方をマスターし、具体的なにおいの抑え方を学びましょう。

デリケートゾーンのにおいの原因について

デリケートゾーンのにおいの直接的な原因になるもの…それは雑菌、おりものや生理、すそわきがなどです。

菌と聞くと不衛生な印象を持たれてしまいがちですが、ある程度の雑菌は誰にでもついており、細めにケアしていれば特に心配することはありません。

しかし、湿度が高く、おりもの・尿・汗・恥垢・生理による経血など雑菌の「栄養」が豊富な環境を保っていると、雑菌はあっという間に増殖してしまいます。

もともと、膣自体はにおうものではありません。なんらかのにおいを感じる場合は、おりものなどの分泌物が影響していることが考えられます。通常であれば、おりものにもそれほどにおいはなく、誰にでもある体臭程度の強さです。しかし、疲れや体調によって膣内の環境が変化することで、臭いがきつくなることがあります。

そして、毎日お風呂に入ったり、シャワーを浴びたりして、デリケートゾーンを洗ってキレイにしている方がほとんどだと思いますが、洗った後でも性器を鏡で見ると、ヒダとヒダとのあいだに白いカスのようなものがついているときがあります。これは恥垢と言われるものですが、これも臭いを発生させる原因の1つです。「恥垢」とは、尿やおりものなどの分泌物で、ひだのある外陰部に特に溜まりやすいです。

また、特に月経最後あたりで血液が茶褐色になっている時期はかなり生臭いにおいがします。セックス時にパートナーに指摘されなくても、自分で生理後のデリケートゾーンの臭いに気付いて悩む女性はたくさんいます。

これらの雑菌が繁殖する原因は、上述のデリケートゾーンの正しい洗い方をマスターすれば気にならなくなります。

さらに、洗い方以外では食事も原因の一つ。


特に、肉やファストフードなどをよく食べていると、動物性たんぱく質、添加物などが、過酸化脂質を活性化し、においの原因になりやすいようです。

また、チーズのようなおりものが出たり、魚のような生臭さなどを感じたりする場合には、トリコモナス膣炎など、婦人科で治療が必要な病気である可能性もあります。

その他、陰部の腫れや違和感なども細菌性膣炎などの可能性もあるので、異常を感じたら早めに婦人科を受診しましょう。

食生活や婦人科系の病気がニオイの原因でもありますが、まずはデリケートゾーンを清潔に保つことで、臭いが抑えることができます。まずは日常でできる対策をして、楽しく快適にできるお手入れ方法を取り入れていくことがオススメです。

その他、環境や状況の変化、下着の素材が変わったり、恋愛やラブタイムの緊張、気持ちの変化などでも、ニオイを感じることがありますので、普段からしっかり洗って清潔に保ち、雑菌の繁殖を抑えたいです。

自分でできる!デリケートゾーンの対策方法

でも、自分でできる対策って「デリケートゾーンの臭いケアって、お風呂に入って石けんで洗うくらい」だけ。しっかり石けんで洗っているのに、デリケートゾーンの臭いがどうしても気になるのは、なぜでしょうか?

それは、自分ではデリケートゾーンの臭いを嗅ぎにくいからから。臭っているかどうか、自分で確かめられないから不安になりますよね。さらに、ちゃんとお風呂に入っているのに、どうして臭うの?という疑問もわいてくるでしょう。まずは、すぐできるデリケートゾーンのニオイ対策からやっていきましょう。

すぐできるデリケートゾーンのニオイ対策

ものやニオイ脂の強い食事を控え生活リズムを整える

通気性のいいボトムを着用する

おりものシートや布ナプキンを使用

トイレで拭くときにこすり過ぎない

清潔な下着を付け気になったときはビデなどで洗う

女性のデリケートゾーンは蒸れやすい環境にあるため、それが原因で雑菌が繁殖し、においが増幅されてしまいます。このため、日中の蒸れた後など、特にデリケートゾーンが臭いと感じることがあるようです。このような場合には、専用の石けんでの「においの元をスッキリと洗い流すケア」がおすすめです。特に正しい洗い方をマスターすることがポイントです。臭いの元を蓄積させないよう、毎日ケアすることでにおいを対策することができるでしょう。

正しいデリケートゾーンの洗い方

正しいデリケートゾーンの洗い方は知っていますか?日常生活でしゃがんだときや、トイレに行く度にデリケートゾーンのニオイが気になる、あそこのニオイは何とかしたいというときは、専用の石けんとコスメを使って正しい洗い方でケアするといいです。

デリケートゾーンの洗い方で、間違ってしまうケースは2つあります。1つ目は洗いすぎてニオイが出てしまう場合。2つ目が洗い方が不十分で雑菌が繁殖してしまう場合です。さっそく、詳しいデリケートゾーンの洗い方を見てみましょう。


ステップ1:ニオイの基本ケア

1. まず、優しくシャワーで汚れを落とします。

2. 次に、ジャムウ石鹸を泡立てネットなどを使って、デリケートゾーン全体を包み込めるくらいの泡を作りましょう。その泡を使って、デリケートゾーンをしっかり泡パック。 3分ほどたったら洗い流してみましょう。

洗い方は特別なものはなく、実はこれで終わり。スポンジなどは使わず、泡でパックすることがポイント。滑らかな泡が汚れの元を流し、清潔感あふれるデリケートゾーンをキープします。尿などが残っていると、においが発生しますので、しっかり泡は洗い流しましょう。

市販のボディソープは、デリケートゾーンにとっては洗浄力が強すぎるため避けたほうが無難です。『LCジャムウ・ハーバルソープ』はデリケートゾーン用の石けんで、低刺激になっています。「ボディとデリケートゾーンで石鹸を使い分けるのが面倒?」、でも大丈夫です。ジャムウはデリケートゾーンだけでなく、全身に使えます。

そして、洗うのは外陰部までで、膣内がにおうからと言って、わざわざ指を挿れて石けんで洗う必要はありません。膣は、悪い菌の繁殖を防ぐ自浄作用を持っているので、過度な洗い過ぎは不要。自浄作用に必要な菌まで洗い流してしまうリスクがあります。さらに、デリケートゾーンは粘膜のため、洗い過ぎによる乾燥でも、かゆみにつながってしまいます。

指を挿れての洗浄は、むしろ膣の自浄作用を低下させることに繋がります。それだけでなく、伸びた爪で膣内を傷つける恐れもありますので注意してください。

具体的に洗う場所は、表面のアンダーヘア周辺と大陰唇と小陰唇の間、膣の入り口付近です。膣内よりも、むしろ臭い対策として重視すべきはクリトリス周辺。通常は包皮に覆われているため、においの元となる恥垢が溜まりやすい部位です。指の腹を使って包皮を持ち上げるようにしてずらし、弱めのシャワーをあてて優しく洗い流しましょう。

指の腹を使って優しくなでるようにするのがコツ。アンダーヘアや大陰唇、小陰唇やアナルなども、ゴシゴシ洗いではなく、「優しく」がポイントです。

正しいデリケートゾーンの洗い方をマスターしたら、次はさらにデリケートゾーンに付着したおりものなどをさっぱりとする特別ケアをご紹介します。

ステップ2:ニオイ・デリケートゾーンに付着したおりものの集中ケア

1. 先ほど紹介したデリケートゾーンの洗い方をおこないます。

2. 『LCジャムウ・デリケートパック』をデリケートゾーンに塗って洗い流します。

ジャムウデリケートパックの使い方は、『LCジャムウ・デリケートパック』適量をとり、(2~3センチ)デリケートな部分に塗りこみます。しっかりと浸透させるために、まんべんなく塗りこんでください。そうすることで、更なる実感が保てます。不快感が気になる場合は、たっぷりとってジェルが気になる部分をしっかり覆うようなイメージでケアしてみましょう。皮膚にうるおいを与えますので、汚れの元を洗った後の美容ケアにも一役買います。

ただし、使用後に膣内をあまり洗い流しすぎることはやめましょう。一週間に一度、ビデでケアする程度がオススメです。

さらに、アンダーヘアが原因になってのニオイには『シナヤカウォッシュ』、アンダーヘアの毛量を整えて、ニオイをさらに対策したいときには『Vライントリマー』もオススメです。

デリケートゾーンのにおいは、気になったときがお手入れどき!気になるニオイを、正しい洗い方で楽しく心地よくケアして、においが気にならない快適な毎日を過ごしていきましょう。

におわないデリケートゾーンの洗い方のコツ

1. デリケートゾーン専用の石けんを使う。

2. ゴシゴシ洗わず、泡パックして洗い流す。

3. 外陰部などの気になるところは、指の腹で優しく洗う。

4. 膣内は洗わず、専用のパックなどを使う。

5. アンダーヘアは整えておき、一緒に洗う。

洗った後のデリケートゾーンの保湿

デリケートゾーン用の石けんで洗ったあとに、そのままにせずにしっかり保湿を行いましょう。『LCジャムウ・デリケートエッセンス』は、『LCジャムウ・ハーバルソープ』でデリケートゾーンに付着したおりものや黒ずみの元を洗い流した後、お風呂上がりに塗ってケアするデリケートゾーンのジェル状美容液です。

なめらかな美容液を指にとって、気になる部分へなじませるとしっとり。肌に潤いを与えるニュウコウジュ油やレモン果皮油、ベルガモット果実油などのアロマが溶け合い優雅な気持ちに導きます。うっすらと塗ってそのまま下着を履き、おやすみ頂けます。

デリケートゾーンが、カサカサしている時や下着の刺激を感じる時などにも、『LCジャムウ・デリケートエッセンス』を塗ると、すぐにしっとりとしてきて楽になります。

アンダーヘアを整える

下着の蒸れの原因になるアンダーヘアを処理をするとき、やはりデリケートな部分をカミソリで処理するのは怖いし、はさみで処理すると毛先がとがってショーツや水着からチクチク飛び出してしまいます。「どう処理すればいいの?」と悩んでいる人におすすめなのが、LCラブコスメの『Vライントリマー』です。

先端を焼き切って丸くすることで、収まりの良さ、見た目も女性らしいアンダーヘアを作れます。初めての方でも簡単にできるお手入れで、清潔感のあるアンダーヘアを目指しましょう。

デリケートゾーンのにおいの緊急対策

彼とのラブタイム直前に、デリケートゾーンのにおいが気になったら、もう逃げ場がありません。「毎日お風呂でのケアで大丈夫」と思いがちですが、ラブタイム直前に急に気になりだすと、そこからやり直しがききません。特に、厚手の下着や洋服で密閉されたり、おりものシートが変えられなかったり。デリケートゾーンに負担をかけたまま過ごすと、1日でニオイの元が気になるときもあります。

そんな緊急対策でおすすめなのが、『LCジャムウ・シークレットモイスチャー』です。ベッドに入る前に彼に内緒で塗り込んでおきます。そうすると、直前のニオイの元をカバーし、自然な感じで潤いもケアしてくれます。バッグの中に1本持っておくだけで、デリケートゾーンのにおい対策としては安心できます。

お得な公式サイトはこちらからどうぞ


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事